対応物件・検査項目

home inspection

戸建(新築・中古共通)

新築だから安心と購入した住居によくある施工不良。今後安心して過ごしていただくために最終チェックを行います。

基本検査内容

建物状況調査に該当する部分

(構造耐⼒上主要な部分、⾬⽔の浸⼊を防⽌する部分)

建具開閉検査

給排⽔管路検査

設備検査

床下侵⼊検査

⼩屋裏侵⼊検査

など

検査時期

契約前・⼊居前・⼊居後で施⼯会社の補償が有効な期間内

検査時間

おおよそ120-210分(選択コースやオプション、建物状況や規模による)

主な検査項目の解説
マンション(新築・中古共通)

マンション全住居のみならず、各住居ごとにも問題は起こりえます。新築・中古物件ともに検査が可能です。

基本検査内容

建物状況調査に該当する部分

(構造耐⼒上主要な部分、⾬⽔の浸⼊を防⽌する部分)

建具開閉検査

給排⽔管路検査

設備検査

など

検査時期

契約前・⼊居前・⼊居後で施⼯会社の補償が有効な期間内

検査時間

おおよそ120-210分(選択コースやオプション、建物状況や規模による)

主な検査項目の解説
収益物件

住んでみて気になった箇所・補償切れ前の検査など、売却を考えている方々の総合相談窓口としてご利用ください。

基本検査内容

建物状況調査に該当する部分

(構造耐⼒上主要な部分、⾬⽔の浸⼊を防⽌する部分)

給排⽔管路検査

建具開閉検査

設備検査

床下侵⼊検査

⼩屋裏侵⼊検査

など

検査時期

契約前・⼊居前・⼊居後で施⼯会社の補償が有効な期間内

検査時間

おおよそ120-210分(選択コースやオプション、建物状況や規模による)

主な検査項目の解説
施工中物件

現在までの建物状況、今後どのような箇所に問題が起こりやすいかの事前診断を行います。

基本検査内容

配筋検査

躯体金物検査

断熱検査

防水検査

竣工検査

など

検査時期

⼊居前で施⼯会社の補償が有効な期間内

検査時間

おおよそ120-210分(選択コースやオプション、建物状況や規模による)

主な検査項目の解説
建物状況調査
確認項目

建物状況調査では国土交通省が定めた部位(構造耐力主要な部分、雨水の侵入を防止する部分)について目視、触診、

簡易的な器具を用いて調査、ひび割れ等の不具合がないかを確認致します。
構造体力上主要な部分:基礎、基礎ぐい、壁、柱、梁、小屋組、土台、斜材、床板等
雨水の侵入を防止する部分:屋根、外壁、サッシ、建具、雨樋等
レーザーレベルによる床、壁、柱傾斜測定を行います。
屋根の調査は上に上がるわけではなく、伸縮棒とカメラで撮影し写真で確認致します。

検査料金

基本料金に含む

建具開閉検査
確認項目

すべての建具サッシやシャッター等の開閉、戸当たり、ラッチの動作検査を行い動作不良がないかを確認致します。

検査料金

基本料金に含む

給排水管路検査
確認項目

すべての水栓で吐水検査、排水検査をし、漏水がないかや設置状況に問題がないかを確認致します。
(水道が未開栓の時は該当設備は検査対象外となります。)

検査料金

基本料金に含む

小屋裏侵入検査
確認項目

小屋組み、断熱材、小屋裏設備等に不備がないかを確認致します。

検査料金

基本料金に含む

床下侵入検査
確認項目

床組み、基礎、断熱材、床下配管、設備等に不備がないかを確認致します。

検査料金

基本料金に含む

設備検査
確認項目

給湯器、レンジフード、食洗器、床暖房、換気設備等の検査を行い動作不備がないかを確認致します。
(電気、ガス、水道が未開栓の時は該当設備は検査対象外となります。)

検査料金

基本料金に含む

電気検査
確認項目

分電盤の絶縁抵抗値・コンセントの極性・アース接続有無・スイッチ動作等を確認致します。

検査料金

¥8,800-

検査時の全写真引渡し
確認項目

検査時に撮影した写真(一般的な新築戸建ての場合450~600枚程度)をすべてお渡しいたします。

検査料金

¥3,300-
※SNS投稿にご協力頂けるお客様にはサービス

気密検査
確認項目

専用の器具を用いて建物にどの程度気密性能があるかを確認致します。
施工中検査の断熱検査で行うことをお勧めします。この段階なら数値が低かった場合に是正対応が可能です。

検査料金

個別見積り

耐震診断
確認項目

非破壊検査で行う一般耐震診断を行い、耐震性能がどの程度あるかを確認致します。

検査料金

個別見積り